トップ

不動産と入居の情報

新着情報

賃貸物件に入居するなら損保加入

賃貸のマンションやアパートに入居する際に、必ず行わなければならないのが入居者用の損保に加入することです。これは、万一入居者が火災を起こしたり水漏れで階下の住人に損害を与えたときに、貸主や階下の住民に対し賠償する能力を担保するためです。また、入居者用の損保は盗難、災害、事故などでも補償の対象になることがありますから、契約時に確認しておく必要があります。保険料は賃貸物件の構造により違いはありますが、2年間で1.5万円くらいが平均的な保険料です。引越しする際は、継続の手続きをすればそのまま引越し先で使えることも多いです。

家

物件における損害保険とは

賃貸物件に入居する際に損保について意識することはあまりないかもしれませんが、不動産屋を通じて決まって火災保険がセットされていることと思います。アパートやマンションなどはオーナーが火災保険をかけています。しかし、賃借人の家財道具については本人で守らなければなりません。たとえ隣家からのもらい火であったとしても日本の法律では失火責任法で故意でない限り損害賠償をすることができないものとなっています。また賃貸契約であれば自分が火事を起こした場合にはオーナーに対して損害賠償の責任を負い、ここでは失火責任法の適用が受けられないのです。したがって火災保険は非常に大事なものですから、加入の際には契約内容をひと通り確認しておくとよいでしょう。